ミニマルクローゼットを目指して 減ったこと増えたことの気づき 

12月になり、家のお片付けに目が行き始めている方も多いでしょうか?

私自身、少し前からクローゼットの簡素化を目指してお片付け中です。
きっかけは、クローゼットを別の部屋に移すというプロジェクトでした。
移動先の収納が前よりも小さいということもあり、良い機会なので持っている服を見直してみようと思ったのでした。

ミニマルクローゼットという言葉、聞いたことはありますか?

少ない服を効率的に着まわすスタイルで、こんな記事を見つけました。
夏服バージョンですが、少ない服で着回しする為に必要なアイテムとは?

ミニマルクローゼットにはまだ道半ばの私。
それでも少しずつ減らしたり、収納棚そのものを見直したりするうちに気づいた、
・減ったこと
・増えたこと
について書いてみます。

目次

減ったこと#1 服管理の大変さ

気をつけているのに、気づいたら増えている服…。
混み合うハンガーをあっちへ押しのけ、こっちに押しやり。
ぎゅうぎゅうのキャビネットは、お洗濯から戻ったものを入れるのも大変。

でも物が減ったクローゼットは、眺めるのが気持ちよいほどスッキリしています。

減ったこと#2 使いこなせていないフラストレーション

魅力を感じて買い、わがクローゼットにやって来た服や靴。
なのに、1-2回着たきり何年も冬眠中の服がありました。

目に入るたびに、そのスカートを着られていない、そのローファーを履けていないというフラストレーションや罪悪感が…。

でも厳しいフィルターを勝ち残った服ならば着回しもしやすく、登場回数が増えて、フラストレーションが減っていきます。

減ったこと#3 デッドストック

例えば、キャビネットの隅に佇むニットがありました。
気づけばもう10年以上前に気に入って買った、ユニクロのタートルネックセーター。 お値段というより、デザインが可愛くて手放せなかったのです。

改めて着てみると首がチクチクすることを思い出し、それを一日着た時のストレスも甦ってきました。

思い切ってサヨナラ。
ふんわりしたセーターだったので、スペースも大きく空きました。

減ったこと#4 無駄遣い

本当に必要なものがわかるので、同じようなものを買ってしまったり、他の服と組み合わせが難しいものを買ってしまうことが減ります。

持っているものが少なければ、何を持っているのかの把握もしやすいからです。

ショッピングに行く前にざっとクローゼットを眺めて行けば更に効果的。

増えたこと#1 クリエイティブに工夫すること

少ない服で飽きないためには、工夫がいります。

花柄ドレスの上にセーターを着て、スカートとして使ったり。
夏用と思いこんでいたノースリーブにカーディガンを合わせて冬仕様にしたり。

それまで考え付かなかったコーディネートが生まれると、自信にもつながります。

増えたこと#2 地球への優しさ

本当に必要なものを買い、長く着まわすことは地球への優しさにつながります。

メルカリが開催した、新作ゼロのサステイナブルファッションショー は、持っている服やメルカリで出品されている服のみで、有名なスタイリストの小山田 早織さんとMBさんがコーディネートする面白い企画でした。

現在は大量の新品がそっと破棄されているファッション業界。
楽しく丁寧にファッションを楽しみつつ、エコになっていけたらと願っています。

ミニマルクローゼットに近づくために

では、自分にとって本当に必要な服はなに?

それを見極めるには、大変さもあるかも知れません。 
自分に向き合って、本当になりたい自分、本当に欲しいものや必要なものは何か?

なかなかひとりでは難しいことも、仲間と一緒にアドバイスを受けながらなら前に進めるかも。

Dress & Dineは、マインド・ファッション・食事のプロフェッショナルチームが三位一体でコミット。
働く女性のイメージアップをサポートしています。

会員さん募集中です!
お申込み、お問い合わせはこちらから