猫背が直ったとき私の視界は少し広がった

リニューアルしたDress & Dineではたくさんのモニターさんが30日プログラムに取り組んでいておられます。その中のお一人の呟きに"猫背を直したい"というものがありました。それを読み、自分が子供の頃からずっと猫背で注意され続けていたことや、いつの間にか直り、むしろ姿勢が良いと褒められることが多くなったことを思い出しました。

装い

パーソナルスタイリスト@オンライン プロフィール写真は2パターンでイメージを一変

今日のZoomでのコーディネイトは杉村聡美さん。Voice of Artというオンラインのアート勉強会を主宰しておられます。最近のお写真やお持ちの服、言われたい言葉などを眺めながら表現する杉村さんのイメージを深めました。さいわい撮影時は着替えができそう。 思い切って2つの全く異なる服でがらりとイメージを変えることにしました。

装い

≪お買い物同行/パーソナルショッピング≫お仕事にも着られるこだわりジーンズ2本

”お気に入りのデニムが見つかって大満足です”…気に入るジーンズを2本見つけて頂けたことが嬉しかった今回のパーソナルショッピング。ジーンズはお尻が美しく見えることが大事! ということで意見は一致。あとは長さや色、シルエットをご提案して試して頂きました。お店はデニム専門ショップである新宿高島屋デニムスタイルラボにて。

装い

【Zoomでコーディネート&撮影会#3】印象を変える2コーディネート 佇まいの美しいヨガインストラクター 

好評を頂いているオンラインで完結するコーディネート&撮影会。私がお好きな1アイテムを2パターンでコーディネートし、カメラマンのEmilyさんが画面越しにポートレートを撮影します。今回は心と身体を整えるヨガインストラクター松尾徳子さん(とっこ@エイジレス研究所)でした。1枚目は前から気になっていた白のラッフルブラウスを、2枚目はレトロな雰囲気のドレスです。

装い

ヨシダナギさん写真展 【Drag Queen – No light, No Queen】 聞こえてきた人生の意味

ニューヨークとパリのドラァグクイーンをモデルにした写真展を観ました。撮ったのはアフリカの少数民族などの撮影で知られているヨシダナギさん。私がこの写真展を観に行こうと思ったのは愛するニューヨークが舞台であることはもちろん、アーティスティックな意味でドラアグクイーンを見つめることのできる貴重な機会だと感じたから。写真に見入ったのはもちろんなのですが、私の心に一番強く残ったのはモデルのひとりが語った言葉でした。

美しいもの

ジーンズを30本試着してみて、どれが良かったかの結論

お客様からの依頼があり、ただいま女性のジーンズのリサーチ中です。今のところ訪ねたショップは9か所。試着したのは14ブランドのジーンズ約30本です。そんなに?と思われるかも知れませんが、世の中にはまだまだ星の数ほどジーンズがあるのです! その試着の結果で至った結論は”似合うジーンズは着る人による”というシンプルなもの。

装い

ファッションについての2つの変化とDress&Dineの願い

この頃、ファッションについてふたつの変化を感じています。ひとつめは皆さんの”ちょっとそこまで”ファッションが進化しているということ。もうひとつの変化はInstagramで目を引くアカウントです。この2つの変化はデイリーファッションのレベルアップでもありファッションのリアル化でもあるのかなあ、なんて思っています。そしてそのふたつは融合しているのかも。

装い

バンクシー展 天才か反逆者か@横浜駅アソビル 感じた想い

話題のこちらを観てきました。エキシビションのタイトルにある問いへの私の答えは”両方。” ただ問いより何より、一歩会場に入って時に感じたのはバンクシーの作品はまずアートだということでした。多くの作品から平和への願いであったり、社会の理不尽への強い抗議のメッセージを感じるのですが、どれも美しいのです。

美しいもの

【Zoomでコーディネート&撮影会#2】SNSのアイコン写真がキュートに完成

オンラインで完結する、ファッションコーディネートとZoom撮影がセットになった充実のイベントです。今回ご参加頂いたのは西日本にお住いのサツキさん。ぱっちりした目が聡明さを物語る、博識な美女です。私自身がEmilyさんに撮って頂いたポートレート写真を見てこのイベントにご参加下さいました。遠くにお住いのサツキさんとも、オンラインだからこそコーディネートも撮影も完結できる便利さを改めて実感! リクエストはFacebookなどのアイコンに使えるプロフィール写真。ポジティブ・親しみやすい・知的をキーワードに装いを決定しました。

装い