ようやくパーソナルトレーニングを始めようと決めた理由

仕事も勉強も大事だけれど、どちらも体が健康で元気でなければできない…という基本を、今さらながら痛感しています。

体調を崩すと、せっかくの休日なのに予定していたスタイリングのリサーチや読書ができません。
寝込んでしまうと、なんとか回復してゼロの状態に戻すのが精一杯。 健康な状態での休養なら、エネルギーチャージができてプラスにできますけれど。

もともと、特に頑丈とは言えない体質の私。
それに加えて、4年ほど前に風邪をひいたのをきっかけに、副鼻腔炎になったことがありました。 それが何かのトリガーになったのか、それ以来、風邪を引く→鼻炎になる→寝込む こと多数…。

最初に副鼻腔炎になった時、お医者さんには悪化すると手術と聞きました。
手術と言っても、鼻。 それできれいさっぱり治るなら良いかな、なんてその時は軽く考えていましたが、いえいえやっぱりそうなる前に治したい!

ちょうど同じタイミングでいくつか始めてみたいことが出てきていました。

1つめは、イタリア語。
仲の良いイタリアンの友達が話すイタリア語は独特のリズムが心地よくて、そして響きがちょっと情熱的な感じもして。

もしイタリア語を話せれば、よく似ているスペイン語もある程度は理解できるようになって一石二鳥…なんていう目論見もあり。

2つめは、歴史と地理の勉強。
この分野は本当に私の弱点なのです。 学生の頃は、興味がないとか他に得意な教科があるとかでごまかせたのかも知れません。

でも…もういい加減、良い大人。
一般教養として知っておくべきことと考えを改めました。
また、これからの人生を生き抜いていくためには、経済や世界情勢を理解して自分の行動を決めていく必要があります。
そのためには、歴史と地理の知識は不可欠。

やりがいのありそうな、これら2つのビッグプロジェクトなのですが、この秋は、強い体づくりに着手することにしました。

イタリア語の勉強も、歴史地理の教養を身につけるのも、それに取り組める健康あってのこと。

私がTwitterでフォローしているマナブさんのツイートも、少し前から気になっていました。
ブログなどで華やかに活躍されているマナブさんですが、以前は2週間に1度寝込むほど、体が弱かったとの事。
それが、筋トレで鍛えるようになってからはすっかり元気になったというのです。

毎日のTwitter、ブログ、YouTubeでの活発な発信と、その内容の実行の裏には体つくりがあったとは。
マナブさんも元々は体が弱かったと知って俄然、親近感が湧いた私 笑
それなら私も、と真似してみることにしたのです。

ただ私には、マナブさんのようにひとりでYouTubeを参考に筋トレに励むことはできません。
私の過去のジム挫折歴を見れば、自分の意思力だけでトレーニングを続けることは不可能…。

これまでの私の挫折歴。

  • 徒歩数分のジムでの水泳
  • 夜、外出から戻ったら玄関に荷物を置き、靴だけ変えてウォーキングへ
  • エアロバイクで季節、天候問わずエクササイズ
  • 筋トレとストレッチ

これらの挫折から学び、今回はパーソナルトレーナーに付こうと決めました。
私には、目標を示し、お尻を叩いてくれる存在が必要なのです。
プロフェッショナルな知識を元にした効果的なトレーニングも、体験してみたいし。

探してみると、通いやすく歩いていける範囲にある3つのジムが候補に上がりました。

まず電話で説明を受け、実際に見学にも行き、選択肢はひとつにしぼられました。
ひとくちにジムと言っても、私が望む一対一のトレーニングを提供しているところは意外と少なかったのでした。

幸い、そのジムでは会員になる必要はなく、トレーナーさんの予約を取ればよいとのこと。
ジム会員の手続きは、会費引き落としなど書類手続きが多いので、それがないのは気分も楽です。

あとは、トレーニングウェアと靴も揃えなければ。
どこで見ようかな、何色にしようかなーと、ここの部分は楽しい 笑

実際にジム通いが始まったら、また様子を綴っていこうと思います。 自分を励ますためにも。