東京で晴れの日にお勧めのカフェ – 広尾 レ・グラン・ザルブル – Fleur Universelle

友人と数人でランチしたこのお店。 
こちらも、いつものカフェの見つけ方に添って発見しました。 ランチ当日が初訪問でしたが、とっても豊かな時間を過ごすことができた素敵なお店です。

広尾駅からすぐのレ・グラン・ザルブル – Fleur Universelle

◆ 日比谷線広尾駅 徒歩1分
◆ 月-土 11:00-21:00 日 11:00-19:00

お天気の日の、屋上のテラスにあるテーブルをおすすめします。
広いウッドテーブルで、ランチも美味しく美しく。 そしてちゃんとお腹は満たされ 笑

お店がそれほど広くないこともあり、落ち着きます。  
都心にも関わらず、静かに空の下、草木に囲まれてゆったりした気持ちで心ゆくまでおしゃべりできるのは、このお店を知っている人だけが味わえる贅沢…。

そして、見るべきはなんと言ってもツリーハウス!
本当に、建物にツリーハウスが付いているのです。
私ももちろん、トム・ソーヤー 気分になるべく入ってきました 笑

1階はフラワーショップです。
季節にもよるのでしょうけれど、私が訪れた時は好みの大ぶりで華やかな花が多く揃っていました。
待ち合わせより少し早く行って、お花に囲まれてはいかが?

私はお花屋さんに入ると、花器もじっくり見ます。 というか、お花には詳しくないので花器の方が興味あるかも。 
いつも自宅に置く大きな花瓶を探しているので、その参考に。  思い返してみると、目を惹かれるお花屋さんはお花そのものだけでなく、使っている花瓶もチェックポイントでした。 

せっかく広尾に行ったなら、インターナショナルなスーパーマーケット、NATIONAL AZABU で輸入食品もチェック。  レ・グラン・ザルブルから歩いてすぐです。
そしてNATIONALの目の前にある、有栖川公園でお散歩。 

駅に入る前にちょっと…と寄った広尾プラザで、2階の広尾キリムギャラリー アナトリアへ。
トルコの 工芸品や遊牧民の絨毯に釘付けでした。 エキゾチックな色使い、カラフルで実用的。 ついつい見入ってしまいます。 
ソファカバーにぴったりな布が魅力的だったのだけど、つい最近換えたばかりだったから、後ろ髪引かれながら断念。 モノとも出会いのタイミングがあるもの。 また来ましょう。

広尾は、歩ける範囲にお店がキュッと詰まっているので散策向き。
ランチやお茶の後も、ゆっくり街歩きがお勧めです。